職員インタビュー

ウェブサイトなどを通して
全世代に投資の知識を
普及することを目標に活動

金融・証券教育支援本部 普及推進部
2016年入職 総合政策学部 総合政策学科 卒

大学では経済や証券市場について学ぶ。金融業界に進む先輩が多く、自身も金融業界を志望し、様々な会社のインターンシップに参加。そうした経験を経て、中立・公正な立場で市場環境を整備し、活性化に寄与する日本証券業協会の役割に魅力を感じるようになった。
また、高校のときから証券投資に興味があったが、当時はどう勉強したらよいか分からなかった。そのため、本協会がそうした人向けに行っている普及・啓発活動に実体験から共感できた。現在は、そうした普及・啓発活動に、職員となって取り組んでいる。

主に若年層をターゲットに、ウェブサイトで投資知識を普及

普及推進部では、幅広い世代を対象に、証券投資に関する知識を身に付けてもらうことを目的とした様々な活動を行っています。その業務内容は、大きく3つの部門に分けることができます。ひとつは全国各地で証券投資をテーマにしたセミナーを開催する部門。2つ目は小学校から大学、また社会人を対象に、証券投資に関する授業やセミナーを行う講師を派遣する部門。3つ目が私の所属する企画関係のラインで、主に若年層をターゲットに、ウェブサイトのコンテンツ等を企画、提供しています。
直近では、投資の基礎についてしっかり学べる「投資の時間」というウェブサイト(http://www.jsda.or.jp/jikan/)をオープンしました。今まで投資をしたことがない人向けのページで、最初の一歩を踏み出せるような知識を身に付けてもらうのが狙い。1から5までのレッスンがあって、順を追って読んでいくと投資のイロハが分かる仕組みになっています。オープン後の現在の課題は、いかに多くの人に見に来ていただけるか。そのための広告を打つ一方、協会員である証券会社や銀行のホームページにバナーを貼ってもらえるようお願いするなど、アクセス数アップを目指しています。
このほか、証券会社を対象に金融経済教育活動の実態調査も年に1度の割合で行っています。本協会だけで取り組むのでなく、証券業界全体として金融経済教育活動を推進していくため、アンケートから得られた統計データを集計・分析し、その結果を会員証券会社に共有するとともに、よい取組み事例を紹介するなどしています。
さらに、これら活動について議論し方針を打ち出す「金融・証券教育支援委員会」という会議体の運営も担当しています。本委員会では、証券投資に関する知識を幅広い世代に普及していくための様々な施策について、大学教授など、金融経済教育に専門知識をお持ちの方々にもご意見をいただきながら検討を重ねています。この会議体をいかに円滑に運営するかが私たち職員の腕の見せどころで、資料作成から会場のセッティングまで多岐にわたる業務に、時には額に汗しながら取り組んでいます。

あらゆる側面から証券業界の発展にアプローチできるのが魅力

証券業界の未来に影響する重要な場面に、新入職員のころから関われるという点に、大きなやりがいを感じています。それはどの部署であっても同じで、例えば普及推進部の前に所属していた政策本部企画部という部署では、国債の決済期間短縮化(T+1化)というプロジェクトを担当していました。9年越しのプロジェクトで、日本銀行等とともに事務局を担い、国債の決済システムに関わる証券会社、銀行、証券取引所など200を超える企業と方向性を調整、システムテスト等を経て、2018年5月に短縮化が実現しました。入職後から2年間、同プロジェクトに携わったのですが、システムの話は専門用語だらけで難しく会議のメモ取りに苦労したり、200名を超える説明会の運営を任されたりと、数えきれないくらいエピソードが。会議の報告書や資料作成にも携わり、それが新聞で報道されたのを目にして、影響力の大きさや責任の重さを実感しました。新人ながら、会社の壁を越えて様々な立場の人と一つの目標達成のために一緒に仕事をするという貴重な経験をすることもできました。異動したあともこの時のプロジェクトメンバーとは仲良くさせていただいていて、会社の垣根を越えた飲み会があるほど。こうしたつながりは、今後も大事にしていきたいと思います。
また、大きく視点が変わりますが、普及推進部では普及・啓発活動のひとつとして「証券」や「株式」という言葉に初めて触れる小学生たちに、その役割や重要性を教える仕事があります。私も何回か講師として授業を行いましたが、「株式会社の存在と仕組みが大切なことだとわかった」といった感想をもらうと、企画部時代とはまた違った意味で、証券業界の未来へ向けた仕事をしているなという実感があります。あらゆる側面から証券業界の発展にアプローチできる点も、おもしろさのひとつなのかもしれません。
今後は、様々な部署を経験して知識を深め、証券業界の発展に貢献していきたいと考えています。近い将来では、法律の知識を多く取り扱う部署に所属したことがないので、そうした部署の業務を経験し、知識を増やしたいと思っています。

1Day Schedule

6:30
起床
8:45
出社
メール、スケジュールの確認
9:00
午前業務
会議用資料の作成など
9:30
部内打合せ
各担当業務の進捗状況を報告
11:30
昼食
同期と近況報告をしながらランチ
12:30
午後業務
新しい企画について証券会社に訪問しヒアリング
18:00
退社
家の近所の練習場でゴルフの練習
20:30
夕食
テレビを見ながら
21:30
趣味の時間
好きなバンドのライブ映像を鑑賞
23:30
就寝
PAGE TOP